MENU

京都市包茎手術人気クリニックランキング

京都に住んでいる男性の中でもカントン包茎の方はたくさんいると思いますので、まずはカントン包茎の症状と、その症状が及ぼす悪影響についてご紹介します。カントン包茎は、包皮の開口部が狭くなっていて、包皮の開口部分が亀頭を強く締め付け過ぎてしまう可能性がある状態のことを言います。そうなってしまったら、亀頭には十分な血液が送られずに血行不良を起こし、うっ血してしまいます。これを放置すると非常に危険な状態になってしまいます。まず亀頭の根元が水膨れをおこして、手術を行わなければ治療できません。そこから更に放置し続けると、そのまま亀頭がうっ血して壊死してしまい、最終的にはペニス自体を切り取って処理しなければいけない状態まで発展する可能性のある、非常に恐ろしい症状です。カントン包茎の症状は、勃起回数の少ない子供の頃や、ペニスが成長する前の状態では、自覚症状はほとんどないため発見することはできません。そこからペニスの成長とともに痛みを感じるようになり、様々な自覚症状が出てきます。症状のひとつとして、亀頭を露出することができなくなり、そこから無理にでも剥こうとすると、痛みを伴って、亀頭が締め付けられる感覚を感じます。もしこういった症状に思い当たる点があるのであれば、すぐにでも京都にあるクリニックを受診することをオススメします。カントン包茎は真性包包茎よりもやっかい且つ危険性の高い症状だと言えますので、なるべく早くクリニックを訪れて、治療に踏み切る必要があるでしょう。

 

包茎 広島 神奈川 包茎